忍者ブログ
HOME Admin Write

Hyper Chondriac Music

雑記帳にしたいのですが、きっと偏る予感がします。 音楽ネタが多くなりそう。

12月18日、実は今日は弟の誕生日

優しい姉は、「オーストラリアよりおめでとう」と今日も普通に仕事中であろう弟にメールしてから、今夜のライブまでの間にメルボルン観光に出発。
(私以外はもちろん皆とっくに会場に向かった後である)

前回きた時は、Melbourne Zooに行ってコアラやカンガルーに癒されたので、今回はどこに行こうかと。
シドニータワーに登れなかったので、一度は高い場所から見渡してみようかと、ホテルからも比較的近いEureka Skydeckにまず行ってみることにしました。


川沿いを歩いていると、ここでもやはりあちこちにカモメ。
人に慣れていて全然逃げる気配ない・・



そうそう、自生の多肉植物がいるんだよね!
前回もやたら感動したんだっけ。



メルボルンの建物ってすごく印象的です。
統一性がないのが楽しい。


街並みがとても綺麗で、歩いているだけでも楽しいので、気づいたらあっという間に着きました。



思わず「Oh, oh, Sara...♪」と歌ってしまった・・(わかってくれる人は仲間)


展望台まで登るだけのチケットもそこそこするので、オプションはつけずに入場。
(The Edgeという360度ガラス張りの景色を楽しめるオプションがあります。なんか広島のおりづるタワーを思い出したな)

エレベーター独り占めで、一気に88階へ!
南半球で最も高いビルだそうです。



おー、、ホテル19階からも圧巻だったけど、さすがにこれは素晴らしい!!



全面ガラス張りのフロアを、ぐるっと一周してみます。

あ、あれが今宿泊してるホテルがあるあたりだね?
(そばに水族館があるのですぐわかる。あんなに高い建物がここからだと・・不思議〜)



おっと、あれが今夜の会場、Rod Laver Arena付近ですね!





「オーストラリアで最も高い場所にあるポスト」だって。
ここからポストカード投函できるんだね。




何周かして気がすんだので、地上へ。

既にお昼もまわっている、、早い。
明日はもう帰るだけなので、今日のうちにお土産散策しとこうと、ど真ん中のFlinders Streetまで歩きます。

ヤラ川を渡って、、
橋もかわいくクリスマス。






ここからは、ショッピング街をうろうろ。
まず見つけてしまったのは、あやしい地下へ続く階段・・



おっと、これは


LPショップでした!

Basement Discs

おおおおーーーロックコーナーに興奮!!





今回のサポートアクト、Nothing But Thievesも!
単純に、巨大なジャケットってだけでテンション上がるんですよね。



ほんとは、何か欲しかったよ。
欲しかったが、、、スーツケースに詰めるのには無理がある、ということで泣く泣く退散。
今回の旅で、音楽専門店へ行けたのはここだけでした。


ところで私は海外のスーパーマーケットやドラッグストアが大好きで、ほっとくと一日中でも飽きずにいてしまいます。
オーストラリアにはWoolworthColesという定番のスーパーがあるようですが、メルボルンでは特にColesにお世話になりました。
お土産の定番TimTamも種類豊富で、ここでしか買えないフレーバーもあるらしい。
ちなみに空港では倍の値段で売ってました(^^;

ほんとはいっぱい買って帰りたかった所ですが、、私の小さなスーツケースではかさばって重いお菓子は手が出しづらい。
一応サブバッグは持って来てますが、帰り重いのつらい。。
次回こそ、一回り大きくて軽いやつに新調しよう!と、前回も思ったんですけどね。。

というわけで、日本でも買えるTimTamではなく、敢えてColesプライベート商品のTimTamもどきを買ってみました。
お値段も$2くらい!
ショートブレッドもありました。



自分用に買いたかったスプレー式オリーブオイルも、あまりの種類にびっくり!



キャラクターの形したチョコレートも、海外土産としてはおもしろいかな





ドラッグストアでは、前回買って重宝したTeaTree Oilを。
これ、大人ニキビができそうになった時にめちゃくちゃ効くんです。
日本でも通販等で買えますが、ここではかなりお手頃価格。
オイル好きな私には、色んな種類のオイルがお手頃に買えるオーストラリアはほんとうらやましい。。



ひとつだけ、クリスマスプレゼント兼ねて現地の老舗ブランド衣料品を買っていこうと、Myerという百貨店に行ってみたのですが・・
ブランドものはギフト用の包装をしてくれる、と思い込んでいた私は日本人。
ラッピングは別フロアの専門コーナーで頼んでください、と言われて気づいた。
基本的にラッピングサービスはないのですね、こちらでは。。当然有料だろうし。
普通に、ビニール袋に入れてくれました。
ラッピングって、大事ね。。

お隣のDavid Jonesというこれまた大きな百貨店にも、バイロンベイクッキー目当てに行ってみたら、、見慣れた七味唐辛子を発見。
だが、よく見ると、、え?
謎だ、、シャレではないはずだ。誰が作ったのか、誰も指摘しなかったのか、、



さすがに歩き疲れて、一度は入っておこうかとおなじみスタバにて休憩。
カフェ文化がすごいオーストラリアではスタバは苦戦中とのことですが、しっかり店内は混んでいる。
メニューは各国違うので旅先で入るのは楽しみなのですが、今回は目にとまったクリスマスシーズンぽいフードと、ここでもちゃんとあったのでIced Long Blackを。
すると、なぜか自分の名前を聞かれて戸惑う。
なんだろ??と思ったら、店員さんがカップに書き込んでくれている。。
えー、名前で呼ばれるシステムなのか!
絶対きちんと伝わってないだろうと思った通り、違う名前になってましたが、なんか嬉しいですね。
後で教わりましたが、欧米ではもうこのシステムが普通だったんですね。いつの間に!

Turcky Cranberry Pieです!
わーい、今年クリスマスらしいもの初めて食べるかも!



温めてもらったら、カップ型になったパイの中から大きなターキーの塊がごろっと入ったホワイトソースがあふれてきました。
甘酸っぱいクランベリーは真ん中にちょっと添えてある程度で、日本人にも全然違和感ないレベル。
これは美味しかった!(食べづらかったけど!)
そしてかなりのボリューム、これならお値段高めでも日本のスタバよりコスパいいかもと思いました・・


ほんとはこの後、ホテルそばのメルボルン水族館にも行けたらと思っていたのですが、時間が微妙だったので断念。
荷物を置いて、今夜の会場に向かいます!

つづく。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
Chihare
性別:
女性
趣味:
ライブ鑑賞、演奏
自己紹介:
音楽好きです。
3ピースバンドが大好物。
現在組んでいる3ピースバンドでは太鼓係。
激動の2014年により人生観崩壊中。

Favorite bands : Muse, Dizzy Mizz Lizzy, The Rasmus, The Wildhearts......

ブログ内検索

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新コメント

[12/10 みっち]
[11/02 WAKAKO]
[05/08 みっち]
[09/15 みっち]
[11/22 みっち]
Copyright ©  -- Hyper Chondriac Music --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]