忍者ブログ
HOME Admin Write

Hyper Chondriac Music

雑記帳にしたいのですが、きっと偏る予感がします。 音楽ネタが多くなりそう。

選択したカテゴリーの記事一覧

前回、つみたてNISAについて少し書きましたが、そちらに移行する前に運用していた一般NISAについても記録しておきたいことがあります。

まず前提として、つみたてNISAと一般NISAの大きな違いのひとつに、購入できる金融商品の違いがあります。


投資信託を考えている人ならどちらでもOKですが、株式は一般NISA口座でないと購入できません。


私はずっと投資信託を運用していましたが、去年初めてNISA口座で株式を購入してみました。


元々、父親から相続した別証券会社の口座で株式を運用していましたが、NISAで購入すれば購入手数料がかからない&配当金も課税されないので、ずっと気になっていた株式を2社分、NISA口座で購入してみたのです。


これなら、ネット証券より手数料が高いA証券でも気にしなくてすむし…と。


その株式の配当金支払い通知が、今年3月に届きました。


そうだ、今回は課税されずに満額受け取れるんだっけ、と思いながら通知を確認してみたら・・

え??


普通に、税金が引かれてるし!!!


 


システム上、一度引かれてから口座に戻るんだっけ???


と、慌ててネットで調べてみた所・・・ショックな情報がすぐにヒットしました。



 配当金の受け取り方法は、2種類あります。



★運用している証券口座でそのまま受け取る方法

★自分で指定した銀行口座に振り込んでもらう方法

どちらか自分で選択できます。



私の場合、特に理由はなかったのですが、確か初めて自分で口座を開いた時に、配当を自分の口座で受け取ることをすすめられて何も考えずにそう設定してもらったような記憶が。



なんと、、、NISA口座で株式を運用しても、配当金の受け取り先を証券口座に設定しなければ、非課税の特典は受けられないことをここで初めて知ったのです!


一度課税されてしまうと、取り戻す方法はナシ!!


 


あわててA証券の担当さんに確認のため連絡してみた所、しどろもどろの様子。。


どうやら、ご存知なかった気配。
そりゃそうだよ、知ってたら株購入時にアドバイスくれたはずだよ。


(あとで父から受け継いだ口座の若い担当さんに話したら驚かれてしまいました・・・知識って年齢と比例しないんだなと改めて。)


 


しかも、この後もう一社分の配当も支払われる予定だったので、今から受け取り方式を変えれば間に合うのか?と、思ったのですが、支払い確定日を過ぎた後だと変更不可


結局、せっかく最後の一般NISA口座で購入した株式の一回目の配当金は、どちらも非課税で受け取ることができなかったのでした・・・・・

(いや、もう、ほんとに私にとってはいい思い出のなかったNISA口座!!)



ちなみに、この受け取り方式は複数の証券会社で口座を持っていても、全て統一されるルールになっています。


一社で受け取り方式を変更すれば、自動的に他社の口座の設定も変更される仕組み。


その後私は、A証券で手続きする気にもなれず、驚いてなぐさめてくれた担当さんの会社で変更手続きをさくっとすませてもらいましたとさ。

こういう細かいことって、教わるか自分で経験しない限り、知らないままのことが多いと思います。


とっくにご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、私のこの経験をぜひ皆様活かして頂いて、同じ過ちをおかさないようご注意下さい!

拍手[0回]

PR

プロフィール

HN:
Chihare
性別:
女性
趣味:
ライブ鑑賞、演奏
自己紹介:
音楽好きです。
3ピースバンドが大好物。
現在組んでいる3ピースバンドでは太鼓係。
激動の2014年により人生観崩壊中。

Favorite bands : Muse, Dizzy Mizz Lizzy, The Rasmus, The Wildhearts......

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[12/10 みっち]
[11/02 WAKAKO]
[05/08 みっち]
[09/15 みっち]
[11/22 みっち]
Copyright ©  -- Hyper Chondriac Music --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]