忍者ブログ
HOME Admin Write

Hyper Chondriac Music

雑記帳にしたいのですが、きっと偏る予感がします。 音楽ネタが多くなりそう。

短い滞在だったAmsterdamから、Pinkpop Festivalの地へ向かいます。
昨日の空港で切符の買い方は学び、電車もしっかり検索しておいたので、予想以上にすんなりと。



Intercityという特急のような電車(でも通常料金)で二時間半ほど、乗り換えは一度。迷うことなく、無事にHeerlenへ到着!実は、この移動の長さがとても不安だったんですが(間違えないかとか、寝てしまって荷物盗まれないかとか、、)、何の問題もなかった。。

ここを拠点に、二日間フェスに通います。


着いてまず思ったこと。。想像してたより、都会であるemoji
だって、ガイドブックにも街の名前も一切見当たらなくて、情報ゼロだったもので、、
ここ、ちゃんとした「街」だ!



駅はこじんまりとしてるけど、外に出るとすぐにそばに大きなショッピングモールが!ちょうどまだホテルのチェックインタイムには早いし、ここで軽く何か食べておこう。

入ってみると、こぎれいなお店がズラッと、、郊外にある大きなモールという感じ。



その中で、私の大好きなベーカリーカフェ風なお店を発見。並べられたパンは、名前がオランダ語でさっぱりわからないが、、おっと、唯一読めたのが「kroket」入りのパイ。オランダで有名な、自動販売機でも売ってるスナックですが、昨日アムスで食べ損ねたとこだったので、コーヒーと共に注文。



お味は、、うむ。中に入ったクロケットは、中身が何なのか正体が掴めぬ。。ツナっぽい味?パイ生地と一緒に食べるととっても重かったです。一個で満足。コーヒーは大好きな泡立ちタイプで大満足。ごちそうさまm(_ _)m



そこからガラガラと荷物を引きずって(石畳だらけというのは本当だ、、)、思ったよりも歩いて、二日間お世話になるTulip Inn Heerlen City Centreへ到着。



名前がかわいくて気に入ったんですが、、地図で見て想像してたより駅から遠かったな。うーむ、深夜に歩いて大丈夫かな、、?と、一抹の不安emojiまあでも結構都会だったし、マーストリヒトから行き来するよりはかなり楽なはず!
チェックイン時に渡された紙には、やはり「Pinkpop Festival中にご利用ありがとう」みたいな挨拶文が書かれてました。街あげてのお祭りなんだろうなあ、、と実感。

部屋に入って一息ついて、フェス用荷物をまとめて、会場最寄り駅のLandgraafへ向かうため駅へ戻る。Heerlenからは一駅のはず。もう慣れたもんよ、と券売機で買おうとしたら、、あれ??現金もクレカも使えないーーーー(TOT)
ここでついに、窓口での購入にトライ。。
こちらで切符を買う時は、下記を伝えればOKみたい。

★行き先
★乗車日(先日付でも買える)
★片道(one way) or 往復(return)
★一等 or 二等

うおお、一駅なのに往復で約4ユーロもするんか。。しっかり往復券get!

ホームに入ると、、そこは一気に見慣れたフェス集団の世界。ホームには、既に現地の中継らしき音楽が流れている。急に実感が湧いてきた!
・・しかし、アジア人、全くいないな。。。やはり。emoji


混み合う電車に乗り込み、降りたLandgraaf駅は、、、、、
田舎であった(やはり)。


ここからの会場までの行き方が、、HPには「シャトルバスか徒歩」と書かれてたので、Roskilde Fesの時みたいに徒歩だと一時間くらいかかるなんてことはないはず、、だが?周囲の流れにのって歩いていくと、、あった!すんなりバス停を発見。料金もきちんと案内出てる。
バスは、途中でいくつかのキャンプサイト地を経由して移動。万一、帰りに混んでたりバス停見つからなかった時のために、道順を覚えておこうかと思ってたけど、、、挫折。遠いじゃんこれ。ホントに徒歩圏内なのか??emoji



フェスティバルサイト入口・・らしきバス停に到着。
したはいいけど、、うーむ。入口見えないっすよ。。(デジャヴ。。)



とにかくまず、eTicketをバンドと交換して安心したい。途中にあった構内図を見ても、全部オランダ語でイミワカラン。。。
途中で係員らしき人に交換所がどこなのか聞いてみると、チケットの種類によって違うと言う。私のチケットは三日通し券だったのですが、実はキャンプサイト入場券付きのものだったらしく(emoji)、こっちだよと方向を教えてもらう。キャンプサイトを通り抜けた所で、また係員の女性を捕まえて聞いてみると、「私もそちらに行く所だからついてきて」と笑顔で返してくれてホッ。日本から観にきたよ、と伝えると「Oh〜楽しんで!」と喜んでくれた。


着いたバンド交換所にて、eTicketを恐る恐る取り出すと、バーコードを「ピッ」・・あっさり通過。これで中に入れる!よかったーーーー




こうして、つぎはぎだらけの計画でやってきた私は、無事にゲートをくぐることができました!!






基本色がピンクなのだね・・とてもかわいい。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
Chihare
性別:
女性
趣味:
ライブ鑑賞、演奏
自己紹介:
音楽好きです。
3ピースバンドが大好物。
現在組んでいる3ピースバンドでは太鼓係。
激動の2014年により人生観崩壊中。

Favorite bands : Muse, Dizzy Mizz Lizzy, The Rasmus, The Wildhearts......

ブログ内検索

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新コメント

[12/10 みっち]
[11/02 WAKAKO]
[05/08 みっち]
[09/15 みっち]
[11/22 みっち]
Copyright ©  -- Hyper Chondriac Music --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]